浄土宗出版[浄土宗文化局出版担当]

浄土宗ホームページ 法然共生
お電話でのお問い合わせ・ご注文 03-3436-3700

新着情報

浄土宗新聞

浄土宗新聞平成30年(2018)2月号を発刊いたしました

2018年02月01日 [ 浄土宗新聞 ]

    

浄土宗新聞平成30年(2018)2月号を発刊いたしました。

1面では、春高バレーで宗立の鎮西高校男子バレー部が優勝を果たしたことを取り上げています。また4面では同高男子バレー部の畑野監督にお話を伺いました。

他の記事面では、大本山増上寺・大本山善道寺がご本尊にあがった鏡餅を困窮家庭に送る活動をしていることや、

東北浄青が災害物故者の回向を募集していることなどを載せています。

特集面では涅槃会にちなみ、その様子が描かれた経典に説かれるお釈迦さまの教えについて掲載しています。

そのほか、連載・記事がもりだくさん。 お申し込みはこちらから。



浄土宗新聞平成30年(2018)1月号を発刊いたしました

2018年01月05日 [ 浄土宗新聞 ]

 浄土宗新聞平成30年(2018)1月号を発行いたしました。

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

1・2面では、総・大本山の猊下、台下からの年頭挨拶を掲載しています。

記事面では、浄土宗開宗850年のシンボルマークが決定したことのほか、仙台・慈恩寺で震災や自死などで親族を亡くした遺族のための法話会が行われたことなどを取り上げています。

特集面では、法然上人が浄土宗の教えの肝要をしたためられた「一枚起請文」の写経を掲載しています。新年の書初めにいかがでしょうか。


浄土宗新聞平成29年(2017)12月号を発刊いたしました

2017年12月01日 [ 浄土宗新聞 ]

   

浄土宗新聞平成29年(2017)12月号を発刊いたしました。

1面では、大晦日に各地の寺院で撞かれる「除夜の鐘」について取り上げています。

他の記事面では、台風21号で本堂が倒壊した奈良県吉野町の薬師寺について、また鵜やカニなど、人間以外の供養のために行われた法要についても掲載しています。

特集面では、仏教で人間の苦しみの原因とされる「煩悩」について、お釈迦さまの考え方や、法然上人の人間観などを解説しています。

そのほか、連載・記事がもりだくさん。 お申し込みはこちらから。


浄土宗新聞平成29年(2017)11月号を発刊いたしました

2017年11月01日 [ 浄土宗新聞 ]

  

浄土宗新聞平成29年(2017)11月号を発刊いたしました。

1面では、仏教体験イベントとして各地の寺院で行われている「寺フェス」を、関東圏にある3校の浄土宗宗立・宗門大学が協力して行ったことについて取り上げています。

他の記事面では、京都・称名寺が地域住民とともに映画を製作したことや、大阪浄青が救援募金をしたことなどについて掲載しています。

特集面では、今年6月、仏教精神に基づいてガン患者などに緩和ケアを行う「ビハーラ」を設立した浄土宗僧侶で医師の安松聖高師に、その開設の経緯について伺いました。

そのほか、連載・記事がもりだくさん。 お申し込みはこちらから。


浄土宗新聞平成29年(2017)10月号を発刊いたしました

2017年09月26日 [ 浄土宗新聞 ]

  

浄土宗新聞平成29年(2017)10月号を発刊いたしました。

1面では、10月から11月にかけ、各地の寺院で行われる「十夜法要」を取り上げています。

他の記事面では、京都教区が10月上旬から中旬にかけて行う寺宝などを公開することや、今年三十三回忌を迎えた日光機墜落事故の法要を群馬教区が勤めたことなどを掲載。

特集面では、来年20周年を迎える総本山知恩院のサラナ親子教室を取材、多くの親子が参加する教室の魅力を紹介します。

そのほか、連載・記事がもりだくさん。 お申し込みはこちらから。


浄土宗新聞平成29年(2017)9月号を発行いたしました。

2017年09月01日 [ 浄土宗新聞 ]

   

浄土宗新聞平成29年(2017)9月号を発刊いたしました。

1面では、7月に福岡、大分などで大きな被害を出した集中豪雨の支援活動に取り組む青年僧について取り上げています。

他の記事面では、江戸時代の高僧・徳本上人の今年200回忌法要が10月に行われることや、多く小学生が命を落とした保戸島空襲の追善法要が大分県保戸島の海徳寺で勤められたことなどを掲載しています。

特集面では、東大寺の金剛力士像などを作ったことでも知られる鎌倉時代の仏師・運慶について紹介しています。
そのほか、連載・記事がもりだくさん。 お申し込みはこちらから。



浄土宗新聞平成29年(2017)8月号を発行いたしました。

2017年08月01日 [ 浄土宗新聞 ]

  

浄土宗新聞平成29年(2017)8月号を発刊いたしました。

1面では、7月から8月にかけ全国的に行われる「お盆」をとりあげています。

他の記事面では、浄土宗が開宗850年に向けてシンボルマークの募集を始めたことや、新たに任命された住職がそれを総本山知恩院の法然上人に奉告する「新命住職認証奉告式」などについて掲載しています。

特集面では、先月号から引き続き浄土門主・伊藤唯眞猊下と医師の奥野滋子氏による「お迎え」についての対談を掲載。今月号は、浄土宗における「来迎」についてです。

また、あの言葉に想うでは、横浜高校を幾度も甲子園に導いた同校元野球部監督の渡辺元智さんにお話を伺いました。
そのほか、連載・記事がもりだくさん。 お申し込みはこちらから。



浄土宗新聞平成29年(2017)7月号を発行いたしました。

2017年07月05日 [ 浄土宗新聞 ]

 

浄土宗新聞平292017)7月号を発行いたしました。

1面では、「お迎え」が近年医療界の一部で注目を集めていることを取り上げています。

他の記事面では、遺骨で阿弥陀如来の像を造る「骨佛」の造立を130年にわたり続ける大阪・一心寺の14体目の開眼法要や、九州の浄土宗僧侶有志で組織されたボランティア団体「テラネット」が仮設団地で「移動居酒屋」を開いていることなどを掲載しています。

特集面では、浄土門主・伊藤唯眞猊下と医師の奥野滋子氏による「お迎え」についての対談を今号から2回にわたり掲載。今月号は、医療の現場における「お迎え現象」についてです。

そのほか、連載・記事がもりだくさん。お申し込みはこちらから。


浄土宗新聞平成29年(2017)6月号を発行いたしました。

2017年06月01日 [ 浄土宗新聞 ]

浄土宗新聞平2920176月号を発行いたしました。

1面では、4月から5月にかけ、浄土宗特別寺院・誕生寺(岡山県久米南町)をはじめ、各地で行われた二十五菩薩練供養の様子を紹介しています。

他の記事面では、浄土宗平和協会主催の第9回浄土宗平和賞が、「近江米一升運動」と銘打ち、生活困窮者などへの食料支援を行う滋賀教区浄土宗青年会に決まったことや、各地の寺院でアジサイが見ごろを迎えていることなどをお伝えしています。

特集面では、近年、夜通し行われる別時念仏会に集う参加者に、別時念仏の魅力を伺いました。

そのほか、連載・記事がもりだくさん。お申し込みはこちらから。

 


浄土宗新聞平成29(2017)年5月号を発行いたしました。

2017年05月15日 [ 浄土宗新聞 ]

 

浄土宗新聞平成29年(20175月号を発行いたしました。

1、2面では、熊本地震から4月14日から1年を迎え、被害の大きかった2カ寺を訪ね、現況と心境を伺いました。

他の記事面では、浄土宗宗祖・法然上人の遺徳を偲び各総・大本山で勤められた御忌や、如来寺(石川県)が東日本大震災で被災した西光寺(宮城県)に石仏の地蔵尊70体を奉納したことなどをお伝えしています。

特集面では、法然上人と同時期、平安時代後期から鎌倉時代初期にかけて活躍した仏師・快慶の生涯の一端、作風について紹介しています。そのほか、連載・記事がもりだくさん。お申し込みはこちらから。

 


ページトップへ