浄土宗出版

浄土宗出版

令和4(2022)年版浄土宗月訓カレンダー(刷り込みなし)

188 円(税込)

※ネコポス便で発送ができない商品です。


16枚綴 31.5cm×12.5cm

揮毫:大本山善導寺 第67世法主 阿川 文正 台下
表紙絵:「開宗の御文との出会い」イラストレーター 松井しのぶ
浄土宗出版 編


[ 商品説明 ]

※カレンダーのみ4部まで(浄土宝暦と同時注文の場合は各3部まで)ご注文でお支払い方法「郵便振替/コンビニ決済」の場合、「ゆうメール」(送料330円、ポスト投函)でのお届けとなります。システム上、宅急便(送料770円)のみ選択可能となっておりますが、ご請求は上記送料金額(330円)とさせていただきます。
なお、「クレジット決済」・「代金引換」を選択、もしくは配達指定をされますとゆうメールでの発送は出来かねますのでご注意ください。



見開き上ページを標語(月訓)、下ページをカレンダーとした見やすい構成です。
カレンダーには年中行事とその説明や二十四節季を、台紙には「私たちの宗旨」や年回表などを掲載。
檀信徒の方からは「ためになる」「便利」、ご住職方からは「お檀家さんに喜ばれる」「毎年配っている」といったご好評の声を数多くいただいております。


表紙作品「開宗の御文との出会い」

1175年の春、法然上人は「開宗の御文」とも呼ばれる中国の僧・善導大師の『観無量寿経疏』という書物の一文と出会います。
どのような人でもお念仏をとなえることで阿弥陀仏により極楽浄土に迎えられる。この言葉により法然上人はその確信を得ました。

表紙では厳しい修行に明け暮れてきた末の出会いを雪解けの季節になぞらえました。
ふきのとうが顔をのぞかせ、野の花が咲く始まりの季節。みなさまの新しい一年が明るい希望に満ちたものになりますようにと願いを込めてイラストレーターの松井しのぶさんに描いていただきました。

表紙は切り取ってポストカードとしてお使いいただけます。

今月のおすすめ商品

最近チェックした商品

カテゴリから探す