浄土宗出版[浄土宗文化局出版担当]

浄土宗ホームページ 法然共生
お電話でのお問い合わせ・ご注文 03-3436-3700

新着情報

  • HOME >
  • 新着情報

新着情報一覧

年度末棚卸による商品発送停止のお知らせ

2015年03月23日 [ お知らせ ]

年度末棚卸による商品発送停止のお知らせ

誠に勝手ながら、年度末棚卸の実施にともない、下記のとおり商品発送を停止させていただきます。

★発送停止(棚卸)期間:3月25日(水)~3月27日(金) 

期間中のご注文は可能ですが、商品発送は3月30日(月)以降となりますのでご注意ください。

ご不便をお掛けいたしますが、ご了承いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

今後ともご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

浄土宗出版 (浄土宗文化局出版担当)  


おせがき(行事シリーズ№259)を発行いたしました

2015年03月17日 [ 新刊 ]

SDA.pngご好評いただいている行事シリーズ「おせがき」のリーフレット。おせがきの由来解説、エッセイはひろさちやさんの「多財餓鬼になるな!」、財産をたくさん持っている餓鬼から知足を伝えします。豆知識コーナー《浄土宗の教え》は「倶会一処」を解説。浄土宗のワンポイントも加わり、使いやすくなりました。ご注文はこちら 


浄土宗新聞 平成27年3月号 訂正とお詫び

2015年02月26日 [ お知らせ ]

お詫びと訂正

「浄土宗新聞」平成27年3月号に次の誤りがございました。

大本山増上寺様をはじめ関係各位にご迷惑をおかけいたしました。

訂正してお詫び申し上げます。

1面 徳川2代将軍秀忠公霊廟の精巧模型

    英国から増上寺へ100年ぶりの里帰り

    の写真の説明が「本殿と神殿の模型」(英国文化財保存財団によるCG合成写真・1996年)とありますが、 

    正しくは「本殿と拝殿の模型」(1996年・英国文化財保存財団によるCG合成写真)でした。

        

 

6面 家康の守り本尊「白本尊」と「黒本尊」

   にあります、「黒本尊」の写真を、

   「黒本尊(御前立)」と訂正いたします。 

 

   黒本尊は秘仏で、年に3回のご開帳があり、日常は御前立のご本尊が

   宮殿の前におまつりされています。

 

   

 


浄土宗新聞 平成27年(2015)3月号を発行しました。

2015年02月25日 [ 浄土宗新聞 ]

浄土宗新聞平成27年(2015)3月号を発行いたしました。徳川家康公は浄土宗の信者であり、浄土宗の発展に大きく貢献され、また、浄土宗の教えをもって太平の世を願いました、今年400回忌を迎え、大本山増上寺には、戦災で焼失した二代将軍秀忠公の「おたまや」の模型が100年ぶりにイギリスから里帰りし、展示されることになりました。信州善光寺の御開帳が4月5日から始まります。新連載は「伝えたい行事食」。ヨガもリュニューアル。今月の「仏像」は、その製作方法。そのほか、連載・記事がもりだくさん。お申し込みはこちらから。 
  

 

 

お詫びと訂正

「浄土宗新聞」平成27年3月号に次の誤りがございました。

大本山増上寺様をはじめ関係各位にご迷惑をおかけいたしました。

訂正してお詫び申し上げます。

1面 徳川2代将軍秀忠公霊廟の精巧模型

    英国から増上寺へ100年ぶりの里帰り

    の写真の説明が「本殿と神殿の模型」とありますが、 

    正しくは「本殿と拝殿の模型」でした。

 

6面 

   家康の守り本尊「白本尊」と「黒本尊」

   にあります、「黒本尊」の写真を、

   「黒本尊(御前立)」と訂正いたします。 

   黒本尊は、年に3回のご開帳を除き秘仏であり、

   ご開帳においても全身のお姿を拝することはできません。

 


かるな 2015年 春号 №86を発行しました。

2015年02月03日 [ 新刊 ]

かるな 2015年 春号ができました。詳細、ご購入はこちら。 


春彼岸(行事シリーズ№258)を発行いたしました

2015年02月03日 [ 新刊 ]

02021743_54cf38b71daba.pngご好評いただいている行事シリーズ「春彼岸」リーフレット。今回よりデザインをリニューアルいたしました。春彼岸の由来解説、エッセイは「ほんの少し」精神と題し、布施についての話題をお伝えします。また、いままでの豆知識コーナーは《浄土宗の教え》とリニューアル、「浄土と天国」についてを解説。浄土宗のワンポイントも加わり、使いやすくなりました。ご注文はこちらから

 
 
 
 

休業のお知らせ

2015年01月26日 [ お知らせ ]

誠に勝手ながら下記のとおり、休業とさせていただきます。

  

  1月27日(火)~1月28日(水) : 休業

 

 

なお、期間中のご注文・発送は下記のとおりとなります。

※発送について※

  1月26日(月)16時迄  受付分  ・・・ 1月27日(火)発送

  1月26日(月)16時以降~28日(水)ご注文分  ・・・ 1月30日(金)以降発送

 

ご不便おかけいたしますが、何とぞご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

 

 

今後ともご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。

 浄 土 宗 出 版 (浄土宗文化局出版担当) 


浄土宗新聞 平成27年(2015)2月号を発行しました。

2015年01月26日 [ 浄土宗新聞 ]

浄土宗新聞平成27年(2015)2月号を発行いたしました。終戦70周年を迎えた今年、浄土宗では広島、長崎、沖縄で追悼法要がつとめられます。体験談などを募集いたします。今月は「なむちゃんエイド支援」、「ふくしまっこスマイルキャンプ」などを紹介するほか、2月8日の涅槃会に合わせ「涅槃図」を絵解きいたしました。新連載「すがわら先生の快眠塾」では健康的な睡眠を教えてもらいます。「あいにいきたい仏像」も今月は「仏・菩薩・明王・天」と仏像の種類と特徴を解説します。そのほか、連載・記事がもりだくさん。お申し込みはこちらから。

 



 

終戦 70年共に生きる平和な世へ 戦争体験談寄稿のお願い

2015年01月26日 [ お知らせ ]

浄土宗新聞 からの お願い

終戦70年 共に生きる平和な世へ 戦争体験談寄稿のお願い

 終戦70年を迎える今年、凄惨な地上戦が繰り広げられた沖縄、そして原子爆弾が投下された広島、長崎では各教区主催による追悼法要が勤められることとなっており、各寺院でも平和に関する様々な取り組みが予定されています。 

本紙1月号の表紙で、社会の平和と人々の幸福を祈念し、『無量寿経』に説かれる※「祝聖文」を掲げました。この中に「兵戈無用」という一節があります。「兵器が用いられることなく」という意味で、お念仏の中でお互いに慈しみ、尊重し合う日暮らしの中では、戦いのために武器を執ることも、命を殺めることも無用なのです。

 終戦から70年。実際に体験された方も少なくなってきており、語り継ぐ重要性もより増しています。「共に生きる平和な世の中」の実現に向け本紙では、読者の皆さまから戦争に関する体験談を募集いたします。実際に体験された話、体験者から語り継がれた話。また、平和に向けてこんな活動をしているなど、広く情報をお寄せください。いただいた情報をもとに8月号まで順次特集を組んでいきます。恒久平和に向けた紙面づくりにご協力願います。

【お便りの送付先】

〒105-0011 東京都港区芝公園4―7―4明照会館3階 浄土宗新聞「戦争体験談」係 

e-mail  浄土宗新聞(浄土宗文化局)

※天下和順 日月清明 風雨以時 災厲不起 国豊民安 兵戈無用 崇徳興仁 務修礼譲

【意訳】仏さまの教えが広まった国や社会は平和になって、太陽も月も清く明らかに照らし、風や雨も時にかなって程良く降り、災害や疫病は起こらず、国家は豊かで民は安らかであり、兵器を用いることなく、人々は互いに徳を崇めて仁を尊び、礼儀と謙譲の道を守る。

 

 


浄土宗新聞 平成27年(2015)1月号を発行しました。

2014年12月26日 [ 浄土宗新聞 ]

浄土宗新聞平成27年(2015)1月号を発行いたしました。浄土門主伊藤唯眞猊下の年頭挨拶、各大本山ご法主のご法話をご紹介いたします。今月号からの新連載「あいにいきたい仏像」をご期待ください。日々のお勤めは、お勤めの中でももっとも大切なお念仏をおとまえする「念仏一会」。記事は各地の檀信徒大会、皆さまからよせられた広島土砂災害義援金の広島市への贈呈、長野北部地震の被害状況をお伝えします。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。お申し込みはこちらから。

 

 


ページトップへ